マンション購入 メリット

マンション購入までの経緯とマンションで良かったと思えた経験

メイン画像

更新日:

賢く節約して住宅ローンを繰り上げ返済

新築で夢のマイホーム。ほとんどの人が住宅ローンを組みますね。この住宅ローンを組むときに返済方法を選びまが、そこで一番重要になるのが金利。固定金利で返すのか変動金利で返すのかでかなりこれから先のローン返済が変わってきます。

固定金利はずっと金利が変わらず安心。毎月金利の上昇にそわそわするサバイバルのような生活はイヤ!という人には固定金利がおススメ。しかしデメリットとして金利が変動よりも高めに設定されていますので、もし万が一返済期間中金利がほとんど上がらなかったら変動金利の人より総支払額が多くなってしまいます。

変動金利は毎月見直される金利にそわそわしますが、金利が変わるのは半年に1度です。そしてなにより金利が固定より低く設定してあるので金利が低いままなら総支払額が固定金利より少なく済みます。変動金利で契約しながら固定金利を払っているつもりで節約して、差額を繰り上げ返済するなんて方法をしているかたも多いですよ。


借りれるかどうかに関わる安定職

住宅ローンの審査の1つに、安定職があります。ある程度安定した職業に従事しているかどうかが、ポイントになってくる訳です。

その融資商品で借りる為には、もちろん審査を受ける必要があります。それにも様々な基準があって、申込者の状況が安定しているか否かになります。安定度が高ければ、比較的高い確率で借りれる傾向がある訳です。

具体的に申し上げると、医師などもその1つになります。数ある職業の中でも、かなり安定しているからです。景気などにもあまり左右されず、収入の安定度なども比較的高めになっているので、それだけ金融会社からも高く評価される傾向があります。したがってその職業の方々は、借りれる確率も高めになっている訳です。

このように審査には、様々な基準があります。住宅用の融資商品を利用する時には、そのような基準などをある程度理解しておくと、多少借りやすくなる事が多いです。比較サイトなどで理解度を深めてから、その商品の申込をすると良いでしょう。


マンション購入、私の経験

私は現在42歳の男性です。家族は妻と子どもが2人います。仕事は公務員で、とある市の職員として働いています。今から10年ほど前に、戸建てかマンションにするか迷ったあげく、マンションを購入しました。今は非常に満足しています。今日は、私がマンションを購入した経緯と、実際にマンションに住んでいて良かったと思える点を記したいと思います。まず、マンションを購入するうえで決め手となったのは、維持管理に時間がかからないという点です。戸建ての場合は、自分ですべての修繕管理をしなければいけません。そして、そのために計画的に費用を計算して、貯めていかないといざという時に修繕できないということもなります。さらに、庭の草木もすべて自分で手をかけなければなりません。

一方でマンションの場合は、修繕費、管理費はかかりますが、それでも管理組合がすべてやってくれますので、常に建物を良い状態にキープしてくれています。また、私はマンションの1階に住んでいるので、ちょっとした庭があります。戸建てに比べると、狭く自分にとってはちょうど管理しやすい広さなので、ちょっとした息抜きとして草木のお世話ができています。それから、マンションの購入する際に考えたのは立地条件です。最寄りの駅まで歩いて行ける範囲で探しました。戸建ての場合は同じような立地の場合、価格がマンションと比べて、1.5〜2倍ほど高くなります。しかし、マンションの場合は好条件の場所にあるのに、価格は戸建てほど高くないので、非常に便利な位置に住むことができます。私もおかげで、毎日駅まで歩いて通勤できます。また、将来子どもたちが学校に通うとなっても、通いやすいロケーションですので、学校選びも選択肢が増えていくと思います。

このように、マンションを購入するうえで、私は戸建てにはないメリットがきちんとある物件を選びました。そして、実際にマンションを購入してよかったと思えたのは、震災の時です。私が住んでいるマンションも大きな被害はありませんでしたが、それでも修繕が必要でした。その際に、管理組合がしっかりしていたので、すぐに積立金を用いて修繕することができました。戸建てならここまでスムーズにできなかったと思います。